follow us in feedly
07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
お金をかけず美肌になるTOP
個別記事の管理2012-10-30 (Tue)
26~27才ぐらいの1年間ほど、前田京子さんの本を読んで手作り石鹸にはまった時期がありまして、髪も石鹸シャンプー&クエン酸リンス、家の一角は作った数々のせっけんで溢れかえり、石鹸用オイル、ウルトラ抽出用ハーブ、各種精油、クレイなどなどを大量に抱え込んでいたわけですが、ある瞬間ふと冷めてしまいました。

幣ブログを見てくださる方の中には油脂と苛性ソーダからコールドプロセスで手作りの素晴らしい石鹸を作っていらっしゃる方もいっしゃるとは思いますし、その楽しさは実感しているので私も決して手作り石鹸を否定するわけじゃないのですが、手作り石鹸といえど万人にとって安全、効果的というわけじゃなかろう・・・ということで、いちおうやめた理由をつらつら書いていきます。

狙いどおりにディスカウントできない


コールドプロセス製法で、油脂とアルカリから石けんを作ったことがある方ならお分かりかと思いますが、油脂ごとの「けん化価」を基に、必要なアルカリの量を決めます。

けん化価とは・・・油脂1gをけん化するのに必要なKOH(水酸化カリウム<苛性カリ>)のmg数のこと。

☆油脂別のけん化価一例☆

牛脂 : 193~205
ココナッツ油 : 246~264
オリーブ油 : 186~194
パーム油 : 197~203
ヒマシ油 : 176~187

(出典:「化粧品原料基準」(薬事日報社))

数値に「幅」が出てしまっています。植物(または動物)は 育った場所、環境、収穫時期によって少しずつ成分が違っているのがあたりまえだから、例えば我が家に現存するココナッツオイルそのものの「厳密なけん化価」なんて私にも誰にもわからない。
換算して苛性ソーダの量を決めるのですが、元になるはずのけん化価自体に幅があるため、換算値にも幅が出ます。よってとりあえず中間値あたりの数値を使うのが通例になっています。さらに手作り石けんでは、85~90%くらいのけん化率に留めるようにアルカリ量を減らします(ディスカウント)。

で、実際アルカリ(苛性ソーダ)をデジタルスケールで1g単位で計るのですが、ここでもさらに誤差が生じます。家庭用の普通のデジタルスケールでは小数点以下まで計れない&1g単位といってもプラマイ2gほどの誤差が出るのです。仮に1バッチ500g程度の少量で仕込むとするなら、苛性ソーダに1gの誤差が出るだけでディスカウント率が大きく狂ってしまいます。90%ディスカウントのつもりでも実際には計量誤差によって85%になってるかもしれないし95%になってるかもしれない。
運良くいい感じに出来上がって、また同じレシピで作ろう!と思ったとしても、一体その石鹸が何%ディスカウントなのか本当のところはわからないため、検証や学習効果が働きにくい・・・完成して使った実感でしか判断できない という博打性が欠点かな と思います。

コールドプロセス製法は遊離脂肪酸が残りやすい


もともと けん化率の幅があってけん化価の数値がはっきり分からないものを「中間値」でアバウトに計算した上、ディスカウントして石けんを作るわけですから、出来上がった石けんには純粋な「石けん」の他に、「遊離脂肪酸」、石けんになりきれなかった「不けん化物」や油脂、グリセリン、水分などが残ります。
特に「遊離脂肪酸」はニキビやコメド(面皰)の原因と言われています。
ニキビができやすい人の肌から分泌される皮脂には、ニキビができにくい人の皮脂に比べて、遊離脂肪酸の割合が高いそうです。ただでさえ遊離脂肪酸の割合が高い皮脂を分泌する人がさらに遊離脂肪酸を多く含む手作り石鹸を使うと、当然ニキビは出来やすくなると思われます。また、「オレイン酸」をウサギの耳に塗ると、そこにコメドが出来るそうです。
オレイン酸はオリーブ油に多く含まれている不飽和脂肪酸です。しかし「オリーブ油」そのままの状態では 即、コメドができるわけではありません。
「油脂」の状態では 脂肪酸はグリセリンとくっついた状態(グリセリド)で存在しています。脂肪酸がグリセリンから離れてしまうのは、アルカリと水によって油脂(グリセリド)が 脂肪酸と グリセリンになったときです。アルカリ量がもともとアバウトな上に、ディスカウントもしているから、コールドプロセス製法で作る「手作り石けん」では グリセリンも残る代わりに「遊離脂肪酸」も多量に残ってしまいます。

私のように、毛穴がつまりやすい、コメドが出来やすい方など、「肌質」によってはコールドプロセス製法の手作り石鹸は避けたほうが良い石けんでなんだと思います。

つづきは次の記事で・・・。


コスメブログ一覧  ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
Theme : アロマ・リラクゼーション * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : 石鹸
* Comment : (0) * Trackback : (0) |