follow us in feedly
09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
お金をかけず美肌になるTOP
個別記事の管理2012-10-11 (Thu)
ここ最近、パフでチークをつけたくてしょうがないかとみ姉です。

パフ デ チークとかポンポンチーク等愉快な名前のもの、中央から外に向かって徐々に色が変化していて、パフを乗せるだけで立体発色するチークさえ売っています。
プチプラでも丸型のチークがいっぱい出てますよね。
チークが余ってるのについ、パフでつけたいがために丸型チークを買いたくなってしまいます。マジョマジョのチークはこないだ四角いの買ったばっかなのに・・・。
   
  


手持ちの、最近ボックスの隅に追いやられがちなチーク・・・。
四角くてパフづけには向いてないんだけど、このまま日の目を見ないのもかわいそうだから、無理やりパフでつけてやれ~ とチャレンジしてみました

  DSC00277-horz.jpg

使ってるのはヴィセのミネラルチークス(ベビーフィニッシュ)PK-1です。パフはキャンドゥで2個100円のもの(*゚▽゚*)
この下半分(特に一番濃い色)をパフでぐりんぐりん多めに取ります。

  DSC00282.jpg


ほっぺにポンポンと押さえるようにのせる。
この写真じゃイマイチですが、一応上手く出来た!と思っています
100円パフでもこんなに変わるんだ~ってちょっとビックリしました。

ブラシでつけていて、ちょっと仕上がりが好みじゃないな・・・テラテラ光り気味で使いにくいな~って思ってお蔵入りした手持ちのチークがあったら、道具をパフに変えるだけで良い活躍をしてくれるかもしれません!

パフ派とブラシ派どっち?



これは、『フェイスパウダーをパフでつけるか?ブラシでつけるか?』と基本的には同じだと思います。
パフ=面でつく。ブラシ=点でつく。
パフ=カバー力&マット仕上げ。ブラシ=ナチュラル&つや仕上げ。

ブラシでつけるよりもパフでつけたほうが密着感あるので、頬の内部から色がにじみ出ているような質感になります。

かとみ姉のように、上に色が乗っちゃってる感が嫌な人。頬がふっくら見えてもOKで、自然な上気っぷり優先の人、マット寄りな質感を出したい人はパフでチークを塗るといいかも。

一方、頬をシャープに見せたい人、チークを入れる形にこだわりたい人は、パフだと上手く形を作れないと思うので、ブラシのほうが向いている気がします。

結局、ますますチーク用の上質なパフがほしくなったのでした。。。

コスメブログ一覧  ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
Theme : コスメ・スキンケア * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : 化粧水
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-09-22 (Sat)
チークは、見る人を「錯覚」させる重要アイテムだと思う今日このごろ。

チークの役割


チークの役割は、単にほっぺを赤くするだけじゃなくて、
顔を立体的に見せたり・・・
パーツのバランスを整えたり・・・
肌のアラに目が行かないようにして綺麗なとこをより綺麗に見せたり・・・
ほうれい線を目立たせないようにしたり・・・
くすみを感じさせないようにしたり・・・

20代の関心事はアイメイク。
なのでチークなんてドラッグストアに売ってるテキトーなのを買って、なーんも考えず何年も漠然と使い続けて、チークブラシだって付属のものを使ってたかとみ姉。

でも、お肌がいまいち思うように仕上がらないこのごろ徐々に、チークの大切さを実感するようになり、メイクではチークに重きをおくようになりました

最近は芸能人の方たちのブログでも、すっぴんと称した「すっぴん風メイク」が流行ってることもあってか、肌がリアルに自然に上気しているようなチークの塗り方が話題になっているみたいですね。

ジバンシイ #24 イットガール・パープル



チーク1

↑の写真でかとみ姉が使ってるのは、
ジバンシィのル・プリズムブラッシュ 色は#24 イットガールパープル。定価の半額で入手。

ジバンシィ

ちょっと色味が派手では???と思われるかも。。。
かとみ姉も、控えめピンクな#21にしようかと迷ったんですが、#24のほうが使い方の幅が広がるから、こっちを選んでよかったと思いました。

華やかにしたいときは、くるくる4色満遍なく取ってつける プラス ほっぺの高いところに右上の濃い色をちょんと乗せる。

薄めに自然に仕上げたいときは、下半分だけを使ってドーリーな薄青み系ピンクにしてみたり、左半分だけを使ったら薄コーラル系ピンクにもなりますよ。
ひとつ持ってるだけで、ピンク系では暖色も寒色も濃淡もいろいろ網羅できるからおすすめ♪
あと、パールが入ってないから変にギラギラしないので使いやすい。
基本マットなんだけどほんのりツヤがあり透明感が出る不思議な仕上がりです。

ケチらない&付属のブラシ使わない


チークはそうそう減るもんじゃないので(むしろ飽きないで使い切るほうが難しいよ)、良いものを1つ持っておく プラスα プチプラでいいから既に持ってるチークと色味が違うチークをもう1つ買い足して、気分で単品使いしたり、重ね塗りしたり、色を調整すると楽しいと思います。


で、使うときもブランドコスメだからといってケチらないほうがベター。
たっぷりめにチークブラシにとって、毛の中にまんべんなくチークを含ませるように、一度手の上とかティッシュの上でブラシを転がして調節してから、顔につけるようにします。
ジバンシィらしい、高級ないい香りがします。

また、写真のようにかとみ姉は、チークつけた後、大きめのフェイスブラシにルーセントのお粉をとって、チーク色と肌色の境目をぼかすようにしています。

いくらチークが良くても付属のブラシは薄すぎて、色が出過ぎちゃったり、せっかくの質感が上手く出ません。。ふわっとほんのり色を乗せるには、毛量が多くて肌あたりの柔らかい専用のブラシを使うと見違えるようによくなると思います。
広島筆産業 | 「メイクブラシ」でナチュラルメーク
ブラシ好きが憧れる熊野筆は、なでしこジャパンの国民栄誉賞の記念品としても注目されているようです。
熊野筆ならMAKE BRUSH.comへ。
ブラシ選び、メイクのコツなんかもたくさん載ってて、読み物としても見ても勉強になります♪

ブログパーツ
関連記事
Theme : コスメ・スキンケア * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : メイク
* Comment : (0) * Trackback : (0) |