follow us in feedly
07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
お金をかけず美肌になるTOP
個別記事の管理2015-06-24 (Wed)


ワセリンが日焼け止めやUV防止リップクリームの刺激から、お肌や唇を守ってくれるということを、この記事で書きました。





今回、ワセリンを使うとリップの発色を調整できちゃうよ っていう件です。

今使ってるリップが、唇のアミノ酸に反応して発色する、カバーマーク リアルフィニッシュブライトニング リップエッセンスUV。  

私の愛用品は、01番のピンクです。

見た目は02ピーチのほうが色が濃いんだけど、塗ると01ピンクのほうが、鮮やかな青みピンクに発色するという、要注意なリップ。

ただ、ワセリンを塗ったあとにコレをつけてもイマイチ発色しないんですよ。 良くも悪くも、唇とリップスティックの間にワセリンをワンクッション挟むことでワセリンが唇をガードし、結果的に唇のアミノ酸によるカバマリップの発色を立派に阻害している と言えると思います。

で、カバマの美容部員さんと、

「01ピンクは濃く発色しすぎて派手になるし、02ピーチは薄づきすぎて元の唇の色の黒ずみなんかをカバーできない・・・中間の、1.5番くらいがあればいいのにねー。」 

なんて言ってたんですけどね。

ここでワセリンのガード力をいい意味で使えます。
ワセリンの上から01番を塗ると、どぎついピンクにならず、適度に素の唇がピンクできれいな人みたいになりますよ。


グリッティでは週2本ペースで執筆してます。→ 記事一覧

Twitter


他のコスメブロガーさん 

関連記事
スポンサーサイト
Theme : 美容・健康・アンチエイジング * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : あとがき・・・
* Comment : (0) * Trackback : (0) |