follow us in feedly
09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
お金をかけず美肌になるTOP
個別記事の管理2012-09-08 (Sat)
加熱滅菌不要生薬エキスの作り方

カモミールエキスを使い果たしたので新たに作ったよ!生薬エキスとか、ハーブチンキで検索してこられる方が多かったので生薬エキスの作り方を書いときます。

1. 生薬を合計10g量ってミルサーで粉砕


※自宅にミルサー等がない人は無理に買う必要なし。生薬ハーブは、かさばらないようにそこそこ細かくなってればOK。
※生薬の種類はお好みで。アルカロイド系のクジンは他の生薬とブレンドNG。参考:しんちゃんの生薬データ集
※私のおすすめは生薬で唯一DNA修復作用を持つユキノシタです。
画像のものはカモミールローマン、ユキノシタ、ヨクイニンです。
ちなみに、カモミールジャーマンとカモミールローマン、どっちを使えばいいの???って人は、ジャーマンのほうが抗炎症効果などの薬効が高いそうなのでジャーマンを選んでおいてくださいな。

DSC00114.jpg


2.↑生薬をガラス瓶に移し、アルコール液注ぐ


さきほどの生薬を保存用ガラス瓶に移しかえ、キャンドゥ米ぬか化粧水を70gほど、無水エタノールを30gほど入れる(=要は、生薬10gをアルコール度数30~40℃の液体100gに漬ける)。
とにかくアルコール度数が30~35℃程度であればいいので、焼酎をそのまま使ったり、水とエタノールを混ぜてもOKですが、私は防腐効果を高めるため、水の代わりにキャンドゥの米ぬか化粧水を使っています ⇒よってこの後の加熱滅菌も不要。
アルコール苦手な人は50%BGを使いましょう。

DSC00116.jpg


3.ちょくちょく瓶を振り混ぜつつ、1週間待つ 


ガラス瓶の蓋を閉め、1週間の抽出期間(50%BGの場合は抽出期間は2倍)、日の当たらない場所に保管。
その間1日1回瓶を振って混ぜ合わせる。
 DSC00119.jpg

4. 1週間の抽出期間が終わったら冷蔵庫へ


エキス自体は冷蔵庫保管で半年ぐらい持ちます。
この上澄み液をスポイドなどにとって、化粧水に5%ほど配合して使います。
詳しくはしんちゃんの生薬ガイドラインをどうぞ。 ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト
Theme : 美容・健康・アンチエイジング * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : 化粧水
* Comment : (0) * Trackback : (0) |