follow us in feedly
10≪ 2017/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
お金をかけず美肌になるTOP
個別記事の管理2014-06-22 (Sun)
オフショルのカットソーを着たり、友達の結婚式でドレスを着たり。背中にニキビがあるともったいない。。
昔は背中ニキビで絶望的気分になった経験があるので、同じような方に少しでも参考になれば・・・とGlittyでは初の連載「夏までに背中美人」をやってみました(*^_^*) 「お金をかけず」ということにこだわって実体験をもとに、あれこれコスメを使うのではなく、やめる方向&食事・角質培養的なスキンケアの方向性で書いてみました。


ココイル実店舗行ってきた


さて、Glitty連載の中のこの記事で、超人気ブログ「かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやき」のかずのすけさん を取り上げてみました。
化学専門の方で、とても説得力ある文章を書いておられるので、より多くの方に知っていただけたら と思います。
私も、かずのすけさんオススメのココイルボディソープ、以前から気になっていたので、執筆をきっかけに板橋の実店舗まで行って、購入し、ただいま愛用中。



板橋の商店街にあるココイル実店舗、かわいかった!

img59803859_20140622110124b74.jpg


板橋の商店街の喧騒の中にひっそりコンパクトに存在しているお洒落なお店 ココイル。
店内はモーツァルトの音楽でゆったりとした時間が流れていて、男性の店主が1人いらっしゃいました。
 
 ・泡はゆるいが、そういうものなので気にしないように
 ・すすいでもカラダにヌルつきが残るが、タオルで拭けば元通りになる

このような説明をうけました。成分のこととか、気になることはいつでもご相談ください ととても親切丁寧で穏やかな店主さんでした。こちらの商品を買い求めるお客さんは、パッケージやイメージじゃなく、中身重視だということがうかがい知れますね。
店舗では香りを高めることも可能。量り売りもしてもらえます。
私はココイルボディソープ500mlを購入。



さて、肝心の使用感ですが、これがおもったより使いやすい!ローズの香りも良し。
肌に優しい=「泡立たない 泡がすぐ消える」 というありがちなパターンかと思いきや、2プッシュで全身洗える泡立ちと泡もちの良さです。 

ウォッシュタオルよりも↓こういうバスリリーで泡立て、手で洗うのがオススメ。
ヌルつきといえばヌルつきですが、温泉の軟水で洗った後のような感じですね。乾燥もせず、ほんとちょうどいい。



女性がココイルを使うメリット


私はモノによりますが、石鹸が合わないほどの敏感肌ではない、安上がりな肌の持ち主なので、そもそも値段が高いココイルをわざわざボディソープにする必要もないんですが。。

じゃあ、なんでわざわざココイルなのか?

「デリケートゾーン用ソープとして良い!」

この理由がかなりデカイです。



(追記~)
本件については、かずのすけさんの記事 「弱酸性ソープ」と「石けん」その長所と短所 でも言及いただきましたので、ぜひご覧下さい。
(~追記)

健康な普通の部位の肌なら弱アルカリのもので洗っても、時間が経てば弱酸性になるから、荒れなきゃべつにいいっちゃいいんですが、女性のデリケートゾーンは弱アルカリの石鹸などで洗うと粘膜にピリッときて痛い。しかも、ここらへんの皮膚はもともと薄いうえ、ナプキンの接触や蒸れや汚れでまさにデリケート 敏感肌になりやすいです。
常在菌やphバランスを崩さないよう、弱酸性かつ刺激の少ない、信頼できる洗浄剤にこだわって洗ったほうがいいに決まってます。

で、デリケートゾーンとその他カラダの部位を分けるのもめんどくさいので、カラダ全体すべてをココイル一本槍になったというわけです。

ココイルはたまに品切れ状態になるので、思い立ったら即注文がおすすめ。

ちなみに、かずのすけさん効果で、こちら↓ベビーセバメドも人気が出たようですが、

私の肌には合いませんでした(TwTlll)
泡で出てくるタイプの洗浄剤は使いにくいし、「いったい何プッシュすれば全身あらえるんだよ!!」と洗うのに時間がかかるってのも刺激になった一因かなと。。

その他、グリッティでは週2本ペースで執筆しています。→ 記事一覧

記事が出たらつぶやくツイッターTwitterボタン
Twitterブログパーツ

他のコスメブロガーさん 
 
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
Theme : 美容・健康・アンチエイジング * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : あとがき・・・
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by かずのすけ
こんにちは(*^_^*)
かずのすけの化粧品評論と美容科学についてのぼやき
管理人のかずのすけです。

ご紹介に預かって光栄です!

デリケートゾーンのお話、
僕には分からないことなのでとても参考になりました!

仰るとおり弱酸性の洗浄剤は粘膜に刺激とならないため
そういう部位の洗浄にとても扱いやすいと思います。
(あと怪我をしている部分の洗浄をしても痛くないですよ!)

良ければこちらの記事の紹介を僕のブログでさせて頂きたいのですが、
(リンクの形で紹介させていただきます)
ぜひお許しをいただけると幸いですm(_ _)m

かずのすけ様 * by かとみ姉
かずのすけ様
こちらこそ勝手に紹介させていただいたのに、ご丁寧にコメントくださいまして、ありがとうございます!
>そういう部位の洗浄にとても扱いやすいと思います。
>(あと怪我をしている部分の洗浄をしても痛くないですよ!)
なるほど、そうおっしゃっていただけて安心しました~。

当方の記事の紹介もリンクももちろん自由です。というかかえってこんな記事を紹介していただくなんて申し訳ないくらいです。
当記事にもぜひリンクを貼らせてくださいませ。