follow us in feedly
05≪ 2018/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
お金をかけず美肌になるTOP > カテゴリー [たるみ改善 美容医療 ]
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2018-03-19 (Mon)
ゴルゴヒアルロン酸画像

向かって右側のみ、頬(ゴルゴ線)にヒアルロン酸を入れてます。

片側だけにヒアルを入れることはあまりないので、良いケーススタディとして紹介しますね。


私の場合、向かって右側のゴルゴがしつこくて、すぐ線が目立ってきてしまうので、右だけ入れました

ゴルゴへのヒアルロン酸注入は半年ぶり。
注入していない左側は半年間放置のためゴルゴが少し出てきていますが、もう少し我慢します。。


さて、、ここで注目なのは、両側とも何もしていない「法令線」


向かって右のゴルゴ線に注入することで、左の法令線に比べ、明らかに右の法令線が浅いの、わかりますか?


今回もG美容外科I院で。いつもは男性の院長だったのだけど、今回は女性の先生でした。



初めて追加料金5000円払って、カニューレを使って入れてもらいました。

ヒアル注入は、段差を薄くするところまではできるけれど、完全に線を消すのは難しいらしい。

女性の先生:「ゴルゴが深くなっていく仕組みは、筋肉の割れ目がなんとかかんとか、、筋肉の走行がどーのこーの・・・カニューレを使うことで、横に引っ張る力が働く〇〇筋と、〇〇筋のあいだにうまくヒアルが入るから、ゴルゴの進行、悪化を防ぐ効果もあるんですよ。」

とほとんどうろ覚えなのだけど・・・

とにかくカニューレを使うことで、単に今あるゴルゴを埋めるだけじゃなく、今後のさらなる進行を防ぐように入れることができる

と理解しました!

実際、うまく入っています。

0.2cc しか入れていないのですが、しつこく浮かんでくるゴルゴ線がちゃんと消えています。

他院だと、0.5cc入れてもまだうっすら段差が残っていたこともありました。

今回の写真では、鼻の根元にも赤い傷が残ってますよね。
実は鼻にも初めてヒアル注入しました。

クレヴィエル0.2cc。

お値段は、

●頬ヒアルロン酸(テオシアル グローバルアクション 0.2cc 向かって右のみ)
●鼻の根元ヒアルロン酸(クレヴィエル 0.2cc)

ここにカニューレ使用料をプラスし、トータル39000円でした。


「ゴルゴにヒアルを入れるとほうれい線も目立たなくなる」 ということを言いたかったのですが、

ヒアルの副効用はまだ他にもあるんですよ。

それは次の記事で。

スポンサーサイト
Theme : 美容・健康・アンチエイジング * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : たるみ改善 美容医療
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-11-03 (Fri)
それはお盆に帰省し、約2年ぶりに兄妹含む家族と一堂に会したときのこと。。
感動の再会・・・ ではありません。


妹(32歳)のほうれい線の進行がやばい。かなりキテる。

しかもほうれい線メカニズムというか、線のでき方が父にそっくり!
(頬肉が覆いかぶさって影、凹みができる系統。照明によって目立ったり目立たなかったり。横から見たら悲惨)

このテのほうれい線って、決して皺じゃない。
だから至近距離で自分で鏡を直視しても、照明の位置でほうれい線の見え方が全然変わるから、どう評価していいかわからないんですよね。

電車の窓に映るとかなり目立つけれど、鏡で正面から見ても気にならないので、まあ気のせいか とボジティブシンキングになってしまい、自覚できないんだと思う。

私も、妹をリアルでいろんな角度からみた総合印象で、初めて我を知ったくらいですから。
相手は自分を映す鏡ですね。



兄は不思議なことにほうれい線もゴルゴ線もたるみもなく、若々しい。

妹は骨格が私と違うからゴルゴは一切出ないのだが、父からほうれい線を譲り受けている。

私といえば、母から多大なゴルゴ線 (すでに定期的なヒアルで無かったことにしているが)、父からほうれい線とアゴ肉(ウルトラアクセントで無かったことにしている) を譲り受けるというトリプルパンチに苛まれています。

そんな遺伝の恐ろしさを感じたお盆以来、家系的に、私のほうれい線も相当きてるんだろうと察し、いつほうれいヒアルを打とうかタイミングをうかがっていたのですが。。

今日ついにS美容外科で打ってきました。 

初回1cc で 27000円也。

ほうれいヒアル1時間後

↑注射1時間後の写真。

結果、はっきりいって大成功と言えます。横から見て頬肉とほうれい線の段差がフラットになりました。

やってよかった。もっと早くやればよかった・・・というのが率直な感想です。

詳細は次回で。。

Theme : 美容・健康・アンチエイジング * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : たるみ改善 美容医療
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-09-23 (Sat)
ヒアルロン酸注入

これまで、ゴルゴ線へのヒアルロン酸注入は4回、額のヒアルロン酸注入は1回。

わかったこととして、医師には若返り推奨系と、整形推奨系の2パターンいるということ。

①若返り推奨系医師
・元の素材を変化させず、5年前の自分のほっぺに戻す方向性。

②整形推奨系医師
・元の素材を変化させてナンボ。新たにほっぺでたこ焼き作れる系自分を作る方向性





美容医療ブログを読んで自分メンテしよう


①医師と②医師では言うことが全く違うので、自分と方向性はどっちなのか?また、自分と方向性の違う医師の言うことを鵜呑みにしないことが大事だと思いました。


例えば、同じ状態の私の顔のゴルゴに何ccのヒアルを入れるか? についてのアドバイスはこう。

①医師 「ほとんど追加する必要ないね。ここの凹みだけ埋める程度にしましょう。」と 片側0.2ccずつ入れる。

②医師 「片側1cc必要です。最低0.5cc。でも、0.5ccずつじゃほとんど変わりませんよ。」


片側0.2ccで良い という医師がいる一方、片側1cc必要 
という医師がいる。

その差5倍!

ヒアル注入の値段は入れる量に比例します。

値段のことがなくても、やはりヒアル注入は均一に完全に分解されるわけじゃないからキレイな形を保てないこと、将来的に顔が丸くなる危険性を考えると最低限にしたい。
私は①派ですね。




 
Theme : 美容・健康・アンチエイジング * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : たるみ改善 美容医療
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-08-21 (Mon)
二重顎

アゴ下のウルトラアクセントをMクリニックで5回照射。
私の場合、耳の下~アゴ下にかけたフェイスラインだから、範囲は1エリア。1エリア1回1万円ほどです。

さすがに5回もやると明確に効果がわかってきます。
照射の間隔は、2週間毎に3回、1カ月毎に2回かな。

以前は耳下~顎までのフェイスラインの線がはっきりしなかったものが、体重は変わっていないのに、今では線が出ている。




美容医療ブログを読んで自分メンテしよう



また、顔がむくみにくくなったような気もします。

ウルトラアクセントとセットでついてくるテノールによるアンチエイジングも目的のひとつなので、今後も3カ月に1回ぐらいはメンテナンスとして照射を続けます。

Theme : 美容・健康・アンチエイジング * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : たるみ改善 美容医療
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

管理人のみ閲覧できます * by -

個別記事の管理2017-07-17 (Mon)
アゴ肉へのウルトラアクセント照射。
4回目が終了し1カ月経過しましたが、効果は、確実にある・・・と言えます。

ウルトラアクセント過去記事 その3 その2 その1 

さて、アラサー以降、確実なアゴ肉ケアがなぜ必要かというと、↓を見ればなんとなくわかるかと。。

深田恭子

http://news.livedoor.com/article/detail/13338917/


深田恭子さんは憧れでもあり、同世代の私にとっては希望の星なのでたまにチェックしていたのですが、半年くらい前はフェイスラインがもっときれいに出ていた気がする(写真を撮られた角度が悪かった というのもあるでしょうけど)。。

まぁ私のアゴ肉なんて深キョンの比ではないくらい酷すぎるから、こうして記事を書かずにはいられないわけですが。

もともとの骨格や肉のつき方でアゴ肉問題とは無縁の人もいますが、スリムな人でもある程度の年齢になれば顔の肉は下へ落ちていくわけだから、アゴ肉が溜まっていく一方なんです。

これはダイエットしたところで解決できない問題。



美容医療ブログを読んで自分メンテしよう


私は、もうかれこれ何年も前から友人には、下から写真を撮らないで! と口酸っぱく言っているんですが、下から写真を撮るとアゴ肉のだぶつきが目立ってしまうからですね。


ウルトラアクセントでアゴ肉を定期的に減らしていくことはとても重要。おまけでテノールもついてきますし。

ちょっとアゴ肉気になるな~程度の段階で早めに手を打てれば尚良し。メンテナンス的に照射することで、フェイスラインをきれいな状態でずっと保つこともできるでしょうし。


とにかく、顔の肉は日に日にたるんで下へ落ちていくのだから、落ちた最終地点であるアゴ肉をウルトラアクセントで除去

同時に、

肉が下へ落ちていく = 中顔面エリアの肉が減っている を意味します。

頬のボリュームが減って、頬のトップ位置が下がる。
さらに、将来的にはオデコやこめかみのボリュームまでもが減っていく・・・だろうと思う。
減ったボリュームはヒアルロン酸注射で補っていく 

さらにさらに、そもそもの劣化スピードを緩めるために、四半期に一度はテノールを受けて代謝を正常にしておく というのが、当面の私の方向性です。

Theme : 美容・健康・アンチエイジング * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : たるみ改善 美容医療
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。