follow us in feedly
03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
お金をかけず美肌になるTOP > 月別アーカイブ [ 2017年04月 ]
個別記事の管理2017-04-30 (Sun)
今まで使ってきた中で、マイベスト オブ ルースパウダー といえるのが

『SK-Ⅱ フェイシャル トリートメント アドバンスト プロテクト ルースパウダー UV (写真左)』


パウダー


これは、煙が舞い上がるほどの粒子の細かさ、凹凸カバー力、崩れにくさ等、あらゆる面でダントツ優れていて別格であると思います。

店頭で10000円ですが楽天で5000円台で購入できます。





唯一、仕上がりがマットになる点で、ツヤを消したくない人には不向きかと思いますが、それを差し引いてもやはり、誰もが持っていたほうがいい逸品といえます。

ちなみに今まで私が使ってきたルースパウダーは

・コスメデコルテ AQMWフェイスパウダー 11番 
・カバーマーク シルキールースパウダー 
・イプサ ピュアルースパウダーEX 
・ルクレール パルマ

などなどですが、これらはこれらで良かったものの、カバー力、化粧もち等も、お肌の凹凸や毛穴が気になる30代女性にとっては、単独使用では心もとない様子。

何より、「粒子が細かい」 という点においては十人並みで、煙が舞い上がるほどズバ抜けたSKⅡにはおよびません。

凹凸や毛穴が気になる人にとって、パウダー選びと使い方は本当に大事。

もちろんSKⅡパウダーは単独使用でも全然いけるのですが、どうせ手持ちのパウダー類が余っているなら、私の推奨は、

粒子の大きさが異なるルースパウダーのW使い です。

ルースパウダーは、まず最初に粒子がより細かいもの(ここではSKⅡ推奨)をつけ、ある程度凹凸をなだらかにし、その上から粒子が十人並みの通常のルースパウダー またはパウダリーファンデーションをつけて整えるのがおススメです。

手持ちの一般的なルースパウダーやパウダータイプのファンデも、単独使用ではなく、SK-Ⅱ フェイシャル トリートメント アドバンスト プロテクト ルースパウダー UV とのW使いで、より仕上がりとカバー力が増すと思います。

にほんブログ村 美容皮膚科


他のコスメブロガーさん 




関連記事
スポンサーサイト
Theme : 美容・健康・アンチエイジング * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : メイク
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-04-22 (Sat)
この石原さとみさんの変化をみると、私が今やっつけておくべき最優先事項は顎肉だ と思わずにはいられません。 


石原さとみフェイスライン

街角の鏡に映った横顔の自分をふと見て、フェイスラインがだぶついているだけでもう全体感がオバサンになってしまうんです。

ゴルゴとかほうれい線がないことも確かに大事。

でも、それ以上に、より遠くから見ても、たった一瞬見ただけでも全体的な印象を左右するのがフェイスラインだと最近切に思います。

ついに受けてきました、ウルトラアクセント

紗栄子が、最終的に行き着いた脂肪排出法 と言われており、顔用はVシェイプとも呼ばれます。


<<ウルトラアクセントとは・・・>>

 ウルトラアクセントはせん断波という超音波を利用することで、他の組織に作用せずに、脂肪細胞の細胞膜のみを破壊します。破壊された脂肪細胞から溶け出た脂肪は血液やリンパの流れで洗い流され、排出されます。

こういった原理ということなのだけど、今まで「細胞膜を破壊」という表現に恐怖を感じていた(頬がコケてしまったらどうしよう とか)のと、普通にダイエットすればいいんだから・・・と、一向にできもしないダイエットに期待して、のらりくらり避けてきた治療であります。

これをMクリニックでついに受けました。




相場は、1エリア(10cm×10cm)あたり1万円 であれば安いほうでしょう。
私の場合、本当に顎下のみピンポイントでやってもらったので、1エリアで済みました。

どこに照射するか、範囲はカウンセリングでよく相談しましょう。

顎肉はまぎれもなく、間違いなく今すぐ消し去りたい肉であって、将来にわたっても要らないうえ、今後どんどん顔全体のたるみによって下がった肉は顎下に溜まっていくことが予想されることから、私は顎肉のみにしました。

小顔になりたい人、ほうれい線(アンパンマン状態)が気になる人なんかは、頬全体にやりたくなるかもしれません。
でも、よほど気になっているのでなければ、よしたほうがいいと個人的に思います。

肉付きは年月で変わってくるから、安易に頬などにウルトラアクセントをやって将来、頬がこけたりシワになったりした場合、「あのときウルトラアクセントをやらなければよかった」 と思うときがくるかもしれないから。

「細胞膜を破壊」 というイメージから、痛いものだと思い込んでいたんだけど、ウルトラアクセントって全く痛くも熱くもないうえ、おまけでテノール(頬から下のみ)がついてくるんですね。

しかもテノール単体とそこまで値段は変わらない。

あ、そうそう、カウンセリング時に教わったことによると、ウルトラアクセントを受ける前後1時間は食事をしないほうがいい(吸収されやすいとか)のと、水をよく飲むよう言われました。


肝心ウルトラアクセントの効果のほどですが、どうやら2週間ほどかけて徐々に脂肪が排出されるようなので、今日の今日では変化ナシ。

そして2週間から1か月おきくらいに3回ほどやると良いんだそう。

今はまだ効果はわからないけれど、迷ってるくらいならもっと早くやればよかった  迷った分だけ時間の無駄だった というのが結論です。

にほんブログ村 美容皮膚科

他のコスメブロガーさん 


関連記事
Theme : 美容・健康・アンチエイジング * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : たるみ改善 美容医療
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-04-02 (Sun)
私のベスト オブ アイカラー(ベースもの)である、エレガンス クルーズのN02 について。

エレガンスアイカラー

左から、S08(うす紫)、N02(白ベージュ)、N32(オレンジ)。

エレガンス クルーズのアイカラー は1個 1800円です。意外とデパートの化粧品売り場には置いていなくて、アットコスメストアで売ってます。

アイカラーのうち、ポイントカラーは日替わりだけど、日替わりではなく毎日マストで使う欠かせないベースカラーって一番大事ですよね。

エレガンス クルーズのN02(写真中央)は、パール感が絶妙で、ほんの少しパールが感じられるのにマット なところがツボ。

色は卵がかったベージュ。目元がパッと明るくなるのに白浮きしません。
よってこれは鼻筋やこめかみ付近のハイライトにも使えるんです。

目まわりの皮膚って意外と凸凹していて皺っぽいため、パールによってはヨレて見えたりして汚い印象になることがあるので、ベースのアイカラーは厳選して選ぶところだと思います。

ちなみに同じ価格帯の似た色でいうと、アディクションの013 Engaged も使用していましたが、「目元の皮膚を明るくきれいに見せる」 という点で断然、エレガンス クルーズに軍配が上がりますので、今は使用していません。

蓋に鏡がついているのも使いやすいし、貝殻っぽい見た目もテンションが上がります。




次回はマイベスト オブ ルースパウダーです。
他のコスメブロガーさん 

関連記事
Theme : 美容・健康・アンチエイジング * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : メイク
* Comment : (0) * Trackback : (0) |