follow us in feedly
05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
お金をかけず美肌になるTOP > 月別アーカイブ [ 2017年06月 ]
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2017-06-14 (Wed)
テノールの効果

導入 タイタン編  スマスアップ編 エクシリス編 と、なんと遠回りをしたことでしょう・・・

やっとテノールを受けることができました。

照射系美容医療を転々とした結果、私が辿り着いた結論は

照射系でたるみは引き上がらない! 肉は元の位置に戻らない!

です。

時に、引き締まることはあるのでしょう。
でも、引き締め引き上がりは違う。
悲しいけれど、落ちた肉は上がらないのです!


落ちた肉は上がらないとして、じゃあどうするのか?




美容医療ブログを読んで自分メンテしよう


図

コレ↑です。こんな感じで照射系で劣化を遅らせたい。

テノールの長期的予防についてはこの記事を見てください。


これまで、テノールを否定した医者はいません。
反対したのは、「テノールなんて25歳までですよー」と言ってエクシリスを進めた、医師免許を持っていないカウンセラー1人だけです。

照射系はいろいろある。でも、テノールについて言及したどの医者も、「テノールはすごく良い治療だ」と口を揃えて言っていました。

正直、テノールでは劇的に変わらない。でも勧めるのはそれなりに意味があるんだと思う。
万人にとって良い結果をもたらすとか、長期的に見て、やらないよりはやったほうが格段に予防効果があるとか。。


予防しても落ちる肉は落ちる。劣化を遅らせても進行は止まらない。それならどうしたらいいの??? 

続きは次回へ。




関連記事
スポンサーサイト
Theme : 美容・健康・アンチエイジング * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : たるみ改善 美容医療
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-04 (Sun)
もう30代ともなると、筆ペンタイプのコンシーラーじゃ私のクマにはまったく効かない。

筆ペンタイプは、イブサンローランのラディアントタッチ、ランコムのタンミラクタッチ、クリニークのエアブラシコンシーラー、RMKのクリーミィコンシーラー を転々と使用してきましたが、、、

ハイライトとして一応機能していても、クマには効かないのに目元がパサつくわ、シワに入り込むわ、 で完全に筆ペンコンシーラーは卒業しました。

今はずせないメイクアイテムが3色タイプの、

IPSAのクリエイティブコンシーラーEX





なぜこれを推すか?

それは、クマがカバーできるのと、コンシーラーなのに質感がなめらかでパサつかず、厚ぼったくもならず、非常に良いことに加え、
この時期暑い。。。

日焼け止めクリームを塗る以上、その上に更なるクリームファンデを塗りたくない・・・

日焼け止めクリーム & コンシーラー & ルースパウダー のみで、何としてでもノーファンデでベースメイクを完結させたいからです。

イプサコンシーラー

こういった構造で、3色を使い分け&付属の筆で混ぜても使えます。

私の場合、クマを隠すには、

1. 一番上のブラウンをクマにピンポイントで塗って、まずクマのグレーっぽさを消す

2. 中央のピンクオレンジを1で塗ったクマ部分に重ねる

3. 一番下のベージュを、残りの 「目の下の逆三角ゾーン」 に塗る (頬中央の赤みが消え、明るさが出る)


目の下の逆三角ゾーンさえ色むらがなく、明るく整っていれば、ノーファンデでもなんとかなります。

ちなみにSPF25 PA+++ と紫外線対策もしっかりできます。



美容医療ブログを読んで自分メンテしよう


シミが気になるところは一番上のブラウンと中央のピンクを混ぜてつけると隠れます。
ほうれい線の影は一番下のベージュで明るさを足します。

筆ペンタイプって1色だから、色が合わない~ となって何本も買ってジプシーしがち。

また、一生懸命デパートでタッチアップして色が合うコンシーラーを見つけても、肌色やクマの色って年齢とともに変わってくるから。
イプサのクリエイティブコンシーラーEXを3色を混ぜて、自分なりの使いこなし方を覚えていくのがいいですね。


関連記事
Theme : 美容・健康・アンチエイジング * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : メイク
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-03 (Sat)
美容医療エクシリス


導入 タイタン編  スマスアップ編 
ときて、次はエクシリスです。

私は本来、高周波で内部を温め、リンパの流れを改善してたるみ・顔の老化を長期的に予防するというテノールの予約をしたにもかかわらず、クリニックのカウンセラーに、

「テノールでメンテが追いつくのは25歳までですよ。」

「テノールとエクシリスじゃ、届けられる熱量が全然違います。テノールじゃ太刀打ちできないですよ」 

という説得をされ、流れに流されテノールではなく「エクシリス」を受けてしまったのです。それが痩身機器とは知らず。。。

エクシリスとは、たるみ治療(皮膚の引き締めやタイトニング)機器でして、超音波と高周波を同時に出すというもの。
といっても伝わりませんね。

要はこれもしょせん、引き締めやタイトニングによるたるみ治療と名乗っておいて、結局は超音波を使った痩身機器です。

ウエストや太ももとかお尻の肉にあてたらその部分がやせて、顔にあてたら私の心の声を読み取って、落としちゃならない肉は残しつつ、都合よくいい感じにたるみだけを引き上げてくれるのか???

そんなわけないです!!顔全体にあてたら顔が痩せこけるに決まってます。



美容医療ブログを読んで自分メンテしよう


というわけで、照射すればむくみが取れたすっきり感はあります。頬のもたつきも少しは良くなります。

しかしながら、「タイトニング・引き締め」 と謳っていることの意味をよくよく考えなければならない と後から気づいたのです。

程度は置いといて、痩身機器だからタイトにすることはできるんでしょう・・・。
むくみが取れて引き締まったりはするんでしょう・・・。

でも顔全体にあてたからといって、顔全体が引き上がったり持ち上がったりはしないのです。

もう一度言います。
「タイトニング・引き締め」とは書いてあるが、下がっていた脂肪が 「持ち上がる」 とか 「引き上がる」とはどこにも書いてない!
よって、引き上がったり持ち上がったりしないんだから、ゴルゴ線は消えないんです。


なので、顔全体にあててはならなかった。
せめてこれもスマスアップと同じで、照射するなら「下顔面のみ」 にすべきでした。

たるんで下に下がってた肉は、アゴ下やフェイスラインに溜まります。その溜まった肉を、痩身機器の照射で除去する という使い方をすべきだったんです。。。

関連記事
Theme : 美容・健康・アンチエイジング * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : たるみ改善 美容医療
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。