follow us in feedly
05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
お金をかけず美肌になるTOP > 化粧水
> お化粧初心者です という方からメッセージいただきました
個別記事の管理2014-03-25 (Tue)
このブログをご覧になったYさんから、メッセージをいただきました。

日頃すっぴんで生活している27の女です。
今まで化粧水と乳液しか付けたことがなく、ノーファンデメイクならやれるかもと思ったのですが、やり方がわからず検索したら辿り着きました。UVケアも何もしてないんです。

雑誌を見てもわかりやすくないし、睫毛の上げ具合とか眉カットとか、それこそブログにあったノーファンデでベビーパウダー。ベビーパウダーをブラシでとありましたが、ブラシってどんなのでしょうか。
どうしていいのかわからずこの年齢になってしまい、少し後悔しています。ご迷惑でなければご指導お願いします。
(以上、抜粋して引用)



私は、自分の気分や経験で、そのときどきで好き勝手なことを自由に書いているわけですが、読み手のバックグラウンドは人の数だけあって、受け取り方もさまざまなんだな・・・と知ることができたメッセージでした。

Yさんは、好きな人ができたことがきっかけで、1年間、メイクやダイエットを頑張ろうと思ったのだそう。恋をして、頑張ろうと思えるってすごく素敵。私は失恋してばっかりだけど、本当に、全力で応援したいです。

好きな人の前では、自分が納得できる自分でいたいし、もし一緒に過ごせる時間があるなら思いっきりエンジョイするためにも自信を持てる自分でいたい・・・
結局、私たちが「きれいになりたい」 と願うのって突き詰めるとそういうことなんだなーって、改めて思いました。

で、肝心のメイクをどーするか???


なんとなく文面全体から、メイクのことを、「いろんな決まりや法則やタブーがある、やたら難しいもの」と捉えていらっしゃるのかな?という印象を受けました。
顔って一人ひとり違うし、なりたい自分像も人それぞれなので、私も含めて大半の人は自己流で遊び感覚でメイクやってますから、まずはメイクってそういう気楽なものだと思ってよいと思います!
また、私はメイクのプロでもなんでもない人ですし、お会いしたこともない私が偉そうに実践的なことをアドバイスしても説得力ゼロなので、ロクなことが言えず申し訳ない。。

あと、これまで何もやってこなかったことを後悔されているとのことですが、メイクって長年やってれば自然と上手くなるのか?というとそうでもなく、

日々「どうすれば理想のセルフイメージに近づけるか?」を考え研究する人
ルーチンワーク的に流れ作業でいつものメイクをいつもどおりやる人

に二極分解されるものだと、自分自身に当てはめても、周りを見ても思います。
私は学生の時からメイクしてますが、何も考えないでルーチンワークのようにメイクしてきた10年間は、ぜんぜん成長しませんでしたから笑
だから、27歳からスタートしたからといって気後れする必要なんて全くないし、むしろ不必要な厚塗りメイクで自分の魅力を帳消しにしたり、間違ったスキンケアのやりすぎで敏感肌になってしまったり、そういった不幸な目に遭わずに済んだ と前向きに捉えてもよいくらいだと思います。

しかし気楽に!と言ってもたぶん、このように悩んでおられるのは、自分がどうなりたいのか(主観)?どんなメイクが自分に似合うのか(客観)?どちらもいまいちイメージが湧いてこないからこそ困っていらっしゃるんだと思うので、まずは専門の人にやってもらうのがいいと思いますよ。
一度、第三者にやってもらう ⇒ その経験をもとに自分流を確立していく という感じで。 


眉毛・・・今は自然体っぽい太眉、ボサ眉がトレンドなので、とりあえず自己流でいじらず、生やしっぱなしにしておいて、美容師さんに整えてもらうといいと思います。私が行っている美容院は700円で眉カットやってくれます。一度やってもらうと次から自分でカットするときの参考になりますよ。

アイメイク・・・コスメカウンターにGO 
 オススメは「資生堂」。いろんなブランドのコスメカウンターに行きましたが、そういった初心者の方に基本のテクニックを教えてくれるのが資生堂だと思います。お客さんの少ない時間帯を狙って行けば、かなり丁寧に、アイシャドウの使い方なんかも、イラストつきで教えてもらえますよ。
 また、基本のテクニックというより、自分に似合う色味を知りたい という場合、「シュウウエムラ」もオススメです。
 
 「わからないことはわからない」と正直に話してとりあえずメイクをやってもらって、「ちょっとここまで派手なメイクはイヤだな」と思えば以後もっとナチュラルな感じに自分で修正していけばいいいし、「私ってこんなに変われるんだ!こういう色が似合うんだ~!」と思えればラッキーだし、どちらにせよ発見があると思います。
アイメイクついでに、チークもカウンターで実地でつけてもらうといいかもしれません。
チークに関しては、シュウウエムラなんかは色展開が豊富ですし、どうせメイクするならチークつけたほうが女の子っぽさが上がって楽しい気がします。
 
 まあ、結局は当たったBAさんのセンスや技量に大きく左右されるので、一概にここのブランドがいいと言ってしまうのもアレなんで、ブランドにこだわらず、コスメフロアをうろつきながら、インスピレーションで気の合いそうな、親身になってくれそうなBAさんにやってもらうのがいいかもですね。


薄ベースメイクについて・・・

 ベビーパウダーの中だと、私が顔に使ってるのが

 
ブラシは私が使っているのはこういうの。


ドラッグストアでカウンターのお姉さんに選んでもらうといいと思います。
↑のような山羊毛でふんわりのせるタイプもあるし、人工毛でできたものでポンポン押さえるようにのせるタイプのものもあります。
あ、いちおうベビーパウダーって「トンデモ美容法」の部類なので、「ベビーパウダーを顔につけます」とか言うと、カウンターのお姉さんはドン引きする可能性大ですが。。

いずれにせよ日焼け止めはこれからの時期はマスト。
日焼け止めをつけると少なからず顔がテカったりベタベタしたりすると思うので、それを抑えるためにベビーパウダーやフェイスパウダーは持っておくといいと思います。
これまでもノーファンデだったのなら、ベースメイクは日焼け止め下地+お粉 でじゅうぶんな気がします。まだ若いですし。

コスメカウンターでの注意点


最後に、コスメカウンターに行くと、いろいろ勧められます。
特に、カウンターの人ってアレコレ理由をつけて、スキンケア化粧品を売りたがる傾向にあります。消耗が遅いメイクアップものだけ売ってても儲からないから。
なので、あたりまえですが特にスキンケアものに関しては、欲しくないものは買わないこと。
あと、たまにカウンターのお姉さんの中には、クレンジングしたり化粧水をつけるときにコットンで肌をこする人がいて、私なんかはその刺激で肌荒れすることがあるんです。皮膚の弱い方は、あらかじめ「こする刺激に弱いので・・・」と言ったほうがいいと思います。

ざっとこんな感じでしょうか。長すぎですね、この記事。


その他、グリッティでは週2本ペースで執筆しています。→ 記事一覧

記事が出たらつぶやくツイッターTwitterボタン
Twitterブログパーツ

他のコスメブロガーさん 
 
ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
Theme : 美容・健康・アンチエイジング * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : 化粧水
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する