follow us in feedly
09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
お金をかけず美肌になるTOP > たるみ改善 美容医療
> 私は間違っていた・・・タイタン編 「たるみ治療」の言葉に惑わされちゃダメ
個別記事の管理2017-05-21 (Sun)
タイタン


たるみ治療機器 「タイタン」 が意味なかったことは、この記事 で言った通り。

さて、どう意味なかったんでしょうか??

タイタンとは・・・

「近赤外線を真皮層に届けて、コラーゲンやエラスチンの収縮・増生によりお肌を引き締めてハリを与える」


という意味で、たるみを治療するものです。

結論として、あくまでも私にとってはぜんぜん意味のない治療だった ということでした。
嗚呼、自分でも書くのがつらい。。。

実感として効果が感じられなかった というのもありますが、この文章・原理をよくよ~く考えてみると、一体どういう人のどういうたるみを治療を想定しているのか?というのがイメージできますね。

・真皮層がしぼんでいて皮膚にハリがない人
・全体的に小じわっぽくなっている人 

がおそらくターゲット。

勝手な私の想像ですが、「外国の白人女性にありがちな、皮膚が薄く、全体的にちりめんジワっぽくなっている人」 なんかはタイタンが効きそうなイメージ。
こういった「しぼんだ」肌にパーンとハリを与える というのがおそらくタイタンの「たるみ治療」なんだと。


一方、私の肌はどうなの?



にほんブログ村 美容皮膚科

他のコスメブロガーさん 



私は・・・というと、たしかに30代になってゴルゴ線や頬の毛穴が目立ち始め、とにかく肌を持ち上げてゴルゴを消せるもんなら消したい という感じ。

しかしながら、まだ31歳とかそこいらの年齢だし紫外線には相当気をつけてきたから肌自体にはハリはあって、ぜんぜんしぼんでいないし小じわもない。

タイタンで効果が出るターゲット(=しぼんだ肌を引き締めてハリを与えたい人) と、私(=とにかく持ち上げてゴルゴを消したい) は全然タイプが違うじゃないの!!!

ということに、ずいぶん後になって気づいたのでした。

それまで私がタイタン&ジェネシスに費やしたお金・・・ 約8万円(泣)

タイタンに罪はありません。人によっては有意義な機器でしょうが、私の狙っている「たるみ治療」とは違うものだった ということです。

関連記事
スポンサーサイト
Theme : 美容・健康・アンチエイジング * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : たるみ改善 美容医療
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する