follow us in feedly
05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
お金をかけず美肌になるTOP > 化粧水
> ヒト・コラーゲン用成分☆ジュネマリーレポ
個別記事の管理2012-12-06 (Thu)
うちの床暖とエアコン、どっちが電気代安いんだろう???とずっと思ってたんですがね・・・いまだ謎。
人は冬に老けると言われますので、お肌の乾燥予防の観点から、冬はなるべくエアコン使用は控えて、床暖orホットカーペット + フリース&着る毛布で凌ぎたいところ。
夜ジョギングの際も風冷たいし、たっぷり保湿してから外出るようにしてます。

表面保湿で終わらない、アンチエイジング的コラーゲン


で、ヒトコラーゲン様成分を使っているとの触れ込みで有名な、ジュネマリー化粧品の化粧水・美容液・クリームの10回分トライアルセット(税込・送料込で1,380円)を最近使ってます。

ヒト由来の「ヒト・コラーゲン様成分」は生体内のものと同様の遺伝子構造を持つ蚕が作る繭から抽出されたコラーゲン。他の動物由来のコラーゲンは人体内のコラーゲンとは遺伝子構造が異なるため、皮膚のバリア機能によって異物と認識され、真皮層にははたらきませんが、「ヒト・コラーゲン様成分」は、人体内のコラーゲンと同型のⅠ型コラーゲンと遺伝子構造が一緒なので、バリア機能は異物の認識はおこなわず、安心です とのこと。

ほぇ~。コラーゲンって飲んだところで体内で分解されて別物に変わっちゃうし、塗ったところで分子が大きいから内部までは浸透しないし、肌表面を潤す程度であんま意味ない というのが常識でしたが、これはヒト由来だからバリア機能を通過するってことらしいです。
ちなみにヒトコラーゲン様成分を配合してるのはこのジュネマリーのアンフィネ社だけのようで、貴重です。

ケース
可愛い缶に入ってます。


缶の中身。上からヒュマーノローション(化粧水)、ヒュマーノセラム(美容液)、ヒュマーノクリームの3種が各10回分ずつ。

中身の観察(化粧水、美容液、クリーム)


DSC00677_20121206030147.jpg

まずはローション(化粧水)。
とろみがあるの、わかります?とろんとしてるしっとり系の化粧水ですね。これ1回分で全顔塗ってちょうどって量です。
で、私がびっくりしたのは、これ化粧水なのにアンチエイジング系美容液ばりの有効成分が入ってることです。
抗酸化はもちろんのこと、例えば、表情ジワ改善のアセチルヘキサペプチド‐8(=アルジルリン)、とか、ペンタペプチド-18(ロイファシル)を配合してるあたり、美容液から生まれた化粧水・・・てか、もはや美容液なんじゃなかろうかって感じの化粧水だと思います。


<ヒュマーノローション全成分>
水・BG・グリセリン・ヒアルロン酸Na・水溶性コラーゲン・セリシン・フラーレン・ゲンチアナ根エキス・ヒトオリゴペプチド-1・アセチルヘキサペプチド-8・ペンタペプチド-18・ナス果実エキス・PCA-Na・アルギニン・酢酸トコフェロール・PPG-6デシルテトラデセス-30・クエン酸Na・カプリリルグリコール・ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル・ヒドロキシプロピルシクロデキストリン・フェノキシエタノール・PVP・アラニン・グリシン・グルタミン酸・セリン・トレオニン・プロリン・ソルビトール・リシン・クエン酸・ベタイン・キサンタンガム



DSC00679_20121206030146.jpg

お次はセラム(美容液)。
見ての通り、美容液というより、もはやクリーム。。まあ、化粧水が既に美容液ばりだったわけで、じゃ美容液どうすんだ?って考えたらこうなりますね。
これはいいですよ。エアコン直撃でも全然乾かない。
で、だったらベタつくんじゃないの?・・・というと、プチべたつきレベルです。
私は一般的にベタつき系スキンケアはどちらかというと好みではなくて、メイク崩れが早まったり、数時間後には自前の皮脂と混ざって気持ち悪いことになるのがなんとも不快なのですが、この美容液の場合、塗ったあと確かに少々のべたつきがありますが、何時間経っても常にそのまま一定レベルのプチべたつきをキープしてくれてるのが良いところ。摩訶不思議。シア脂を使用しているからかしら???
とにかく、お刺身のような生っぽい肌状態がずっとキープされます。


<ヒュマーノセラム全成分>
水・BG・シア脂・ヒドロキシエチルウレア・スクワラン・ジメチコン・水添パーム油・水溶性コラーゲン・セリシン・フラーレン・ゲンチアナ根エキス・ヒトオリゴペプチド-1・アセチルヘキサペプチド-8・ペンタペプチド-18・PCA-Na・アセチルヒアルロン酸Na・ナス果実エキス・酢酸トコフェロール・ユビキノン・ホホバ種子油・アラニン・アラントイン・アルギニン・マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル・ステアリン酸グリセリル(SE)・ブドウ種子油・ポリソルベート60・マルチトール・プロリン・ベタイン・カプリリルグリコール・カルボマー・キサンタンガム・クエン酸・クエン酸Na・グリシン・グルタミン酸・EDTA-3Na・セリン・ソルビトール・トレオニン・バチルアルコール・ヒドロキシプロピルシクロデキストリン・フェノキシエタノール・ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル・ポリスチレンスルホン酸Na・PVP・リシン・水酸化K・グリセリン


DSC00696.jpg

最後にクリーム。
これはもはや日焼け止めレベルのテクスチャー。まあ、美容液がもはやクリームっぽかったわけだからクリームが日焼け止め的テクスチャーになるのも当然ですね(※あくまでも感触が日焼け止めであって、UVカット効果はない)。
これは完全に夜オンリー使用にしてます。で、使用量もこの写真の半分の量でもじゅうぶんです。
私の場合、ワセリン、パラフィン類をつけすぎると白ニキビが発生しちゃうので。
というか、化粧水をつけたあとはヒュマーノセラム(美容液)かヒュマーノクリーム、どっちか1つつければじゅうぶんかと。両方塗る必要はない気がします。

<ヒュマーノクリーム全成分>
水・スクワラン・BG・ジメチコン・ヒドロキシエチルウレア・ホホバ種子油・ワセリン・パラフィン・ベヘニルアルコール・シア脂・水溶性コラーゲン・セリシン・フラーレン・ゲンチアナ根エキス・ヒトオリゴペプチド-1・アセチルヘキサペプチド-8・ペンタペプチド-18・ユビキノン・ナス果実エキス・PCA-Na・アセチルヒアルロン酸Na・アルギニン・酢酸トコフェロール・ステアリン酸グリセリル(SE)・水添パーム油・テトラオレイン酸ソルベス-40・トウガラシエキス・アラニン・グリシン・グルタミン酸・セリン・トレオニン・プロリン・ベタイン・ソルビトール・リシン・(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー・クエン酸・クエン酸Na・EDTA-3Na・キサンタンガム・ポリスチレンスルホン酸Na・エタノール・ミリストイルメチル-β-アラニン(フィトステリル/デシルテトラデシル)・ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10・ステアロイル乳酸Na・フェノキシエタノール・バチルアルコール・ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル・ヒドロキシプロピルシクロデキストリン・グリセリン・カプリリルグリコール・PVP


まとめ


化粧水、美容液、クリーム、どれにも同じ有効成分(フラーレン、EGF、アルジルリン的なもの)が入っています。
美白成分も少し入っているようですが、この化粧品のテーマ(メイン目的)としては、「徹底的に肌弾力、ハリ向上を目指したもの」と言えそうです。
で、テクスチャー的には、この化粧水=一般の美容液  この美容液=一般のクリーム このクリーム=一般の日焼けどめクリーム というふうに考えたほうが良いでしょう。
そして必ずしも3種すべてをステップ的に塗る必要はなく、個人的にはシアバターが特徴の美容液がオススメです。
ジュネマリー

東京の冬の湿度は年々低下していて、砂漠並みの日もあるんだとか。
10年前と比べても明らかに乾燥が進んでしているそうですので、崖っぷちの私としてはこの冬はしっかり保湿&アンチエイジング化粧品でこれ以上の老化を食い止めなければ!!と思います。

他のコスメブロガーさん  ブログパーツ


関連記事
スポンサーサイト
Theme : 美容・健康・アンチエイジング * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : 化粧水
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する