follow us in feedly
05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
お金をかけず美肌になるTOP > シャンプー&ネイル
> オイルで柔らか髪☆シュワルツコフ
個別記事の管理2013-03-01 (Fri)
私の髪は硬いんだけど、シャンプー&トリートメント~アウトバストリートメント~カールローションに至るまでサロン用のものに変えて1ヶ月経ったぐらいから、髪が柔らかいって実感するようになってきたし、ふんわり感がいい!とか、カラーリングはどうやってオーダーしてるんだ?とか、周りからも髪について褒められることが多くなったの。

やっぱり、美容師さんの「髪痛んでますねー」の口車に乗せられて美容院での1回きりのトリートメントに何千円もお金をかけるよりも、毎日自分で使用するケア用品のグレードを上げるほうがいいみたい。
美容師さんからもトリートメントのゴリ押しをされることが無くなったので、トータルでこっちのほうが安上がりだし、自分としても、日々のお手入れの気分や満足度が違うよね。

というわけで今日は、シュワルツコフ schwarzkopf オイルイノセンスをレポってみます。
001.jpg
左:スムースタイプ  右:リッチタイプ

どっちも洋ナシのようなアプリコットのような香り。サロン独特の高級感ある香りです。私の通ってる美容院もシュワルツコフのものをよく使ってるようだし、もしかしたら同じものかもしれないね~。
テクスチャーとしては、スムースタイプはシャバシャバ。リッチタイプはこってりコクがある。

オイルなのにベタつかない。変に重い束感ができない。そして柔らかくまとまる ってのが特徴。

どうしても、スキンケア用のスクワランとかホホバオイルを髪にも転用すると、重くなったり束になったりして、かえってゴワゴワしちゃうことがあるけど、シュワルツコフのオイルセラムは、たとえつけすぎても軽やかふんわり感を損なわないから使いやすいです。

ビフォーアフターの写真をご覧ください。

Before 何もつけないで乾かしただけの状態
バサッとしてて短い髪がピョンピョン目立ちます。
ビフォー

After スムースタイプをつけた髪
スムース

After リッチタイプをつけた髪
リッチ

手触りも違いますが、見た目的にもつけたほうが滑らか感がupしているように見えます。
タオルドライ後、パール1粒分ぐらいを手のひらに広げて、濡れた髪の毛先につけてます。

一般的に、アウトバストリートメントの類を髪につける際は、なぜか癖で外側(表面)の髪からつけがちですが、それだと外側(表面)にたくさんのオイルがついてしまって表面だけペタンとなっちゃう。
ワックスをつけるとき同様、えりあしをかき上げるようにして内側の毛先から揉み込むようにつけていったほうがいいみたい。

ミディアムな私は大概このあとコテで巻くんだけど、たまにストレートで出かける時は、乾いた髪にもさらにこのオイルをつけたりしますけど、乾いた髪につけても重くならないのがいいね。べたつかないのは、オイルを通常の1/1000以下の細かい粒で乳化させていて浸透が良いから ということらしい。



では、気になる全成分・・・

===スムースタイプ===
トリシロキサン、シクロペンタシロキサン、ジメチコノール、スクレロカリアビレア種子油、ヒマワリ種子油、カロチン、香料

===リッチタイプ===
シクロペンタシロキサン、ジメチコノール、トリシロキサン、アルガニアスピノサ核油、ヒマワリ種子油、カロチン、香料


ちなみに、リッチタイプに使われているアルガニアスピノサ核油=アルガンオイルですね。

かなりひさしぶりの更新になってしまったけど・・・最近はヘアケアのことを書きたい気分なので、今度は巻き髪のことでも書いてみようかしら。

美容通販 ドリームスクエアファンサイト参加中


見ちゃダメ!他のコスメブロガーさん  ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
Theme : ヘアケア * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : シャンプー&ネイル
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する